Health and cosmetic surgery

Top Contents

歴史について

目を変えるだけでお顔の印象がぜんぜん違いますよ!二重の埋没法が出来るクリニックはコチラをチェックしよう!

埋没法は二重まぶたを作るには欠かせない手術方法です。特殊な細い糸を使って瞼の裏にひだを作り二重にすると言う方法が一般的です。メスを使って切開する必要がないので手軽にできると人気になっている方法です。この埋没法は1920年に日本で考案された方法です。最初は逆さまつげの手術の為に利用されていた方法だったのです。埋没法は当初1点でとめていたのですがすぐに取れてしまうため、2点でとめるなど考えられていったのです。現代では埋没法はクリニックによって独自の方法が研究されており、取れにくく長持ちできるようになっています。手軽に二重にできることから利用者も多く、最近ではプチ整形などと呼ばれ人気が高くなっています。

二重まぶたにすることによって目を大きく見せたり魅力的に見せることができます。そのため様々なアイテムを使って自分で二重にすることもできますが、半永久的にするためには美容整形を利用することです。最近では手軽にできるプチ整形が人気となっており、価格も安くメスを使う必要がなく二重にできる埋没法が人気なのです。今後の動向についてですが、埋没法で二重にする方法はメイク感覚でできるようになっていくと考えられます。糸で止めてあるだけなので外せば元の自分に戻ることができるため、気分によって二重を変える事ができるようになると予測されます。また従来よりもさらに長持ちしやすくなる方法が考えられ、半永久的の効果が得られると予測されます。

キレイになる

キレイになりたいのであれば、目は特に注目すべきポイントです。アンチエイジングをすることや埋没法によって二重にすることなどできることはたくさんあるので、何が必要なのか考えてみましょう。

Read More
  • 小顔になる

    小顔になるためには、様々な方法がありますが、美容外科で施術を受けることで大きさを小さくすることができます。また美容外科の施術では埋没法によって目を二重にし、顔の面積を小さく見せることもできます。

    Read More
  • 年齢による

    年齢が上がるにつれて以前よりも老化が進行するようになります。女性はいつまで経っても美しくありたいと願っているのでそれを叶えるために美容外科では二重になれる埋没法など様々な施術を実施しています。

    Read More